生命保険加入時のポイント 三つの保険

今日は生命保険について説明しようと思います

保険は大きく分かれます。

定期保険、終身保険、養老保険の3種類。

各々の保険にはメリットデメリットがあります。

メリットがあると思って加入しても、大きな落とし穴があったり、デメリットを感じながらも、実は大きなメリットがあったり、それらを少し理解するだけでご自身が加入されている生命保険の状況や、これから加入や切り替えを考えている方の参考になればと思います。

ちなみに医療保険やがん保険なども、これらの保険がベースとなっていることが多く、内容を知ることで気がつくことや、保障の内容を理解せずに無駄な保険料を払っていたりすることが、少しでも削減出来るなら、おいしいスウィーツを食べに行くことができる費用に変えるお手伝いができればと思います

それでは少しだけ生命保険の種類について説明をします

 

 

定期保険

  • 定期と書いてあるように、期限が定まっているという意味です。
  • 通勤や通学などで使う定期券と同じ意味の定期と言う意味です。
  • 期限が定まっていて、解約返戻金が限りなく少ないか、解約返戻金が無い、毎年または毎月の保険料がかなり安く抑えることができます
  • つまり少ない掛け金で大きな補償を得ることができます。
  • 契約で定まっている期間内に、被保険者(保険をかける対象者)に万が一のことがあった場合、契約時に設定している、大きな金額の死亡保障を受け取ることができます。
  • しかし、定まった期限を1日でも過ぎた場合、死亡保障1円も受け取る事はできません。
  • 契約期限が満期になった場合、同じ内容の保証を受けるために再契約しようとする場合の毎年または毎月の保険料が想像以上に高くなってしまいます。
  • 理由は、契約する時の年齢にあります。
  • 解約返戻金は、契約期間途中の解約であれば一部ありますが、満期を迎えた時点ではなくなってしまいます。
  • 契約前にプランを作成して提案してもらった段階で、必ず確認することをお勧めします。

 

 

終身保険

  • 終身保険は、身が終わるまでと書いているように、定期保険とは違い、解約するか被保険者が亡くなるまで契約の保障を受けることができます。
  • 終身保険の場合は、保険料が若干高くなりますが、先にも述べた様に被保険者保険が亡くなった場合に保障を受けることができる。
  • または解約した場合に受け取れる解約返戻金を受け取ることができます。※死亡保障と解約返戻金を同時に受け取ることはできません。)
  • 保険の保障を受けることができる期間は亡くなるまで限りなくと長い期間ですが、保険料の支払いは、保険期間同様の終身であったり、60歳までとか年齢設定することも出来ます。
    (※この場合保険料が変わって来るので確認しておきましょう。)
  • そして、貯蓄性が高く解約返戻金が貯まっていきます。
  • 保険営業マンによっては、死亡保障として考えるよりも、老後の貯蓄資金となるように終身保険を提案することが多いようです。
  • また、契約の方法によっては、払い込み終了後の翌年以降から払い込んだ保険料よりも解約返戻金が上回るケースもあります。
    (※近年利率改正があった様なので、必ず確認しておきましょう。)
  • 解約返戻金の推移は、プランを提案されたときに別表で記載があります。

 

 

養老保険

  • 定期保険+終身保険=養老保険と言ったところでしょうか
  • 養老保険の場合は、期限が定まっているので定期保険と同じ役割をしています。
  • そして終身保険のように貯蓄を目的にした、と言う考え方で加入することが多く、期限が決まっている中で貯蓄性を備わった生命保険となります。
  • 毎月の保険料が高くなりますが、契約期間内であれば死亡保障を受けることも出来ます。
    (※死亡保障を受け取ると、解約返戻金は受け取ることができません。)
  • また無事に満期を迎えた場合に受け取れる解約返戻金の金額が大きいのが特徴です。

 

以上の3種類が生命保険を組み立てるベースとなっているので、仕組みを理解することで無駄が亡くなると思います。

※契約する保険会社によって、商品の詳細や解約返戻金の利率、払い込み保険料などが違いますので、必ずプラン表をもらって確認することをお勧めします。

最初にお伝えした通り、これらの保険がベースになり医療保険やがん保険等が組み立てられています。

次回は医療保険とがん保険の簡単な解説を入れながら損しないためのポイントを説明します

      2018/11/29

 - お金